保守点検の必要性|マンションのエレベーター保守やメンテナンスは優れた業者へ依頼

マンションのエレベーター保守やメンテナンスは優れた業者へ依頼

マンション

保守点検の必要性

部屋

住人の足

近年は都市再開発が全国で急速に行われ、マンションなどの高階層住居が増えるに伴って、エレベーターも普及しています。上の階に住んでいる住人にとってはもちろん、高齢者や車椅子などの障害者、またそれを介護する人々にとって重要な移動手段になっています。しかし、毎日何人もの人が利用する重要な移動手段であるからこそ、エレベーターの保守点検は欠かせません。エレベーターのメンテナンスの内容として、昇降ボタンが正常に機能しているかやケーブルの劣化具合、速さ、非常通報の接続の有無などが点検項目に挙げられます。また自動で点検する機能が備わったエレベーターもありますが、定期的に人が訪問点検することによって、より高い確率で未然に事故を防ぐことができるのです。

安心・安全のために

エレベーターの保守点検はマンションの所持会社・個人で行うことも可能ですが、専門的な知識が必要になるため、エレベーター設置の際に豊富なノウハウのあるメンテナンス会社と契約を結ぶことが人気を集めています。メンテナンス会社にはメーカー傘下の会社の他、ベンチャー企業などの独立した会社があります。基本的には定期的にケーブル等を含めたメンテナンス契約書を交わす場合が多いですが、場合によっては部分的な保守点検だけの依頼をする場合もあります。もしも部品交換が必要となった際は、メーカー傘下の会社の場合は純正品との交換になりますが、独立系の企業は独自開発した部品を代用することが多いです。安全性は保証されていますが、住人によっては懸念される場合もあるため、どのメンテナンス会社と契約書するかはよく検討する必要があります。